ちちちのはなち

21歳 Twitter@chi_ti_ti

学歴

「お幾つですか?」
『21です』
「じゃあ大学3年生かな?」
『専門ですけど3年です』
「へぇ、何の専門?」
『医療系です』

こんな会話をこの3年で50回くらいはしたと思う
割とラフなお店で接客業をしているのでお客さんとは会話のきっかけにしやすくていいけど、毎回思うのは大学生が前提にされている部分


私は大学に行っていない
理由は色々
・4年も学生やりたくない早く仕事したい
・4年も学費払って通う割に暇こいてるコスパの悪さ
・頑張ってもFランのさらに就職難なんて最悪
・単位のために学んだことが仕事に活かされる確率低い
・受験に自信がない

とりあえず通うことへの魅力がなかった

私の専門学校は3年間で国家資格とれて一生働ける。全体的に不足している職業なので就職もそんな困らない。あと収入もまあまあいい。
受験も簡単。


現状、高校の実績は大学進学率だし、普通の会社に勤めるには大卒が普通
私はその王道パターンから逃げた
私は高卒


「なんで専門にしたの?」と聞かれたら上記をなんとなく言うけど実際は違う。
私いい選択しました〜〜みたいな雰囲気だしてるけど実際は違う。
友人にもフォロワーにも恋人にも嘘をついたけど以下実際のところです


高校のとき、微妙に知名度のある大学の推薦が貰えた
受験方法は小論文で時期は10月だったと思う
もう夏だと思い始めた頃から小論文の勉強を始めたんだけど、なんか全然ダメだった
塾には行ってないし、高校でやってた自由参加の小論文講座はただの国語の授業だったし、「わかりません」「できません」「教えてください」のSOSが誰にもできなかった。
(関係ないかもしれないけど私は高校が大嫌いで無口で愛想が悪かった)
もう受験間近だってのに本当に何も書けなかった
今更聞けないハウツーを焦りながら探したりした
誰にも採点してもらってない
誰にも頼ってない
もちろん落ちた

倍率が2にも達してないところに落ちた(笑)


お金がかかるものを親にお願いすることもできず、塾に行かず、有料講座にも行かず、センター試験も申し込まず、なのに小論文受験の3万を無駄にした

さあこの状況からなんとか見つけたのが今の専門学校
猛勉強もなしにすんなり入れたし
理由は後付けの、ざっというところ「結果オーライ」ってやつ
後から後から、ア、こっちで良かったな。って気づいた



「どうして専門にしたの?」
『大学受験まともに努力しないで失敗して、ギリギリでなんとか見つけた道です』

これが本当

浪人してる人って凄いなって思う
学歴にしがみついてる人もヤベエなって思う
でも私はこの道で合ってたんだと思う
わからないけど。
いらない遠回りをしたことを綺麗に隠してたけど、なんとなく告白できる気がしたので
2年半張り続けた見栄は、以上です。